ファイナルファンタジー13 FF13攻略指南館Top >  バトルシステム >  バトルシステム

バトルシステム

バトル エンカウント

 

ファイナルファンタジーシリーズのバトルシステムは、シリーズごとにかなり特徴を持ったものになっている。その中でもFF4以降で採用されているアクティブタイムバトルシステム(ATB)は多少のアレンジを加えながらも継承してきている。

 

今回はFF12同様、フィールド上に敵の姿が表示されていて、接触するとバトル開始となるシンボルエンカウント方式を採用している。接触してからバトル突入までは、シームレスに移行するものになっている。ただ、FF12の様にフリーラン・オートアタックバトルシステムではなく、シームレスにフィールド画面からバトル画面に切り替わってバトルを行うようになっている。

 

今回のような方式の方が、バトルの演出などが派手にできて、臨場感あるシーンを演出できるようだ。つまり今回はバトルの演出が派手ということである。

 

 

ライトニング武器

 

ライトニングの武器は、戦闘中に選んだコマンドの選択内容で、剣や銃に変化するようだ。FF8のガンブレイドのような形状であるのはそういう理由であるようだ。このことからもスコールのときのように、ブレイクのタイミングにトリガーを引いてダメージを増やすという使い方ではないと考えられる。

 

またライトニングは武器だけでなく魔法も自在に使いこなすことができるようだ。これは武器を介して使用するのか、武器なしでも使用できるのかはまだわかっていない。

バトルシステムの関連記事

ファイナルファンタジー13 FF13攻略指南館Top >  バトルシステム >  バトルシステム

▲バトルシステムトップへ↑