ファイナルファンタジー13 FF13攻略指南館Top >  FF13の世界 >  コクーンとパルス

コクーンとパルス

ファイナルファンタジー13の世界にはコクーンとパルスといわれる二つの世界がある。

コクーンは理想郷と呼ばれ、パルスは下界と呼ばれている。コクーンを管理している機関として聖府があり、コクーンを築いた者としてファルシがいる。そしてクリスタルがコクーンを守っている。

コクーンにはさまざまなものがからんでおり、複雑に絡み合っている。

 

 

パルス

 

○パルス

空中都市にあるコクーンの周りにある地上の下界世界。パルスに行った人間は誰一人戻ってきていないようである。人がいるかどうかもわからず、脅威の存在である。外なる異物と呼ばれる人々に脅威を与えるものがあるとされている。

 

○コクーン

下界のパルスから人類を守るためにファルシによって作られた。繭のようなもので囲まれている空中都市である。聖府に管理されているためにパルスからの被害もなく、繁栄していた。しかし、最近はパルスの脅威を感じるようになっており、危険な状態になってきている。

 

○聖府

コクーンを管理している機関。コクーンの繁栄を守っており、パルスにあるといわれている外なる異物の影響を受けた人間をパルスに移住させると言っている。飛空挺や武器などをたくさん所持している。謎の多い機関でもある。

 

○クリスタル

さまざまなものを生み出す存在であるが、謎だらけのものである。コクーンはクリスタルによっても守られている。主人公ライトニングを世界を破滅させる人類の敵として選んだ。外なる異物もクリスタルが生んだようだ。

コクーンとパルスの関連記事

ファイナルファンタジー13 FF13攻略指南館Top >  FF13の世界 >  コクーンとパルス

▲コクーンとパルストップへ↑